さくらおじさんの徒然日記

ガジェット好きな定年オジサン、愛犬さくらや家族との日常をブログに書いていきたいと思います。

Bluetoothモバイルスピーカー

f:id:jfk7562:20160713154653j:plain

いやいや、中国製と侮るなかれ。

今回のガジェットはタイトル通りの素晴らしい、Ubitという中国メーカーのミニスピーカーだ。

まず筐体がしっかりしている。
アルミ素材中心で出来ているが造りが良い。重量感もそこそこあるし、安っぽくない。スピーカー部のパンチングネットも綺麗に仕上がっており、上手に取り付けている。
これはヒット商品を当てた感じだ。

取説は入っていないので、触りながらの設定になるが、特に難しい設定の必要はなさそうだ。

スイッチ部は、Bluetoothとmp3いずれかに入れるとオンになる。
もうひとつは、早送り、巻き戻しとボリュームのアップダウンキーだ。

この2つのツマミですべての操作が可能だ。

取説がなくても触っていれば直感的に操作が分かってくる。
こういった種類のスピーカーはどれも同じような操作方法だろう。

FMラジオ、Bluetooth接続でスマホの音楽を聴く、テレビとのヘッドホン端子の有線接続で音を聴く。といったところは簡単に出来た。

音質の方だが、商品の大きさと値段から見たら妥当なところかも。
音量はやや小さいかな。

総じて作りはしっかりしているが性能はイマイチといったところか。

しばらく妻のテレビ用に使ってみて、その内ネットフリマ行きになるかもしれないなあ。

開封時はかなりテンションが上がったけど、1日使ってみるとそうでもないか、という気がしてきた。

中国製は、安いが当たり外れもある。
当たったと思っても、しばらくすると満足度が薄れる。

これは、品質に対するきめ細かさが要因だろう。
使えば使うほど、馴染んでくるに連れて愛着が深まってくる、といった感情的な高ぶりを味わえない気がする。

そうは言っても中国製にハマっている今、今回のような経験は当然のようにするだろう。

とにかく、ネットショップの商品ページを眺めているだけでも楽しい。
今後も続けていくつもりだが、どんな商品に出会うか楽しみである。

今は、注文中のアクションカメラが届くのを待っているところだ。
あと10日くらいはかかるのだろうなあ。

この待っている時間も楽しいものだ。

ではまた。