さくらおじさんの徒然日記

ガジェット好きな定年オジサン、愛犬さくらや家族との日常をブログに書いていきたいと思います。

Rii ミニキーボード 経過

前回、このキーボードについて紹介したが、使用感については今のところ問題ない。
何と言ってもどんな姿勢でも操作できるのが良い。

ところで、このキーボードの振った時の異音についてだが、あまり気にはならないと言っても、新品時からこれでは少し気分的に良くない。
そこで、販売元に問い合わせてみることにした。しかし、相手は海外である。日本語は受け付けない。恥ずかしいので省略するが、 我流のブロークンイングリッシュで不具合を伝えてみた。あまり回答は期待できないと思っていたが、意外にも翌日には連絡が来た。

それは、不具合内容をビデオにとってメール添付で送って欲しいというものだ。これでは内容が十分に理解されていないのかも知れない。要は異音の状態はビデオでは表現しづらい。また、英語が苦手な自分にとってハードルが高すぎる。

そこで、再度添付されたメールアドレスへ次の内容らしきものを送った。(何度も言うが、英語で伝わるか否かは不明)

“このまま使っても良いが、あなたが了解するならば、代替の良品を送って欲しい。チェック後こちのものを返却します。”というもの。

日本ではほぼ常識的な内容だとは思うが、相手は海外だ。この言い分が届くかどうか甚だ不安だ。
何らかの返事があれば、誠意があると言っても良いだろう。乞うご期待。

今回の英語の文章は、グーグル検索で調べて書いたので、前回の第一報より分かりやすいと思うが、はてさて?